NEWS

甘利明氏が「ゲスの極み乙女。」の替え歌を披露 その目的は?

2015年05月26日 20時16分 JST | 更新 2015年05月27日 00時32分 JST

甘利明経済再生相が5月26日の記者会見で、突然歌い出し、集まった記者団を唖然とさせた。

「私~以外私じゃないの~ あたりまえだけどね だ・か・ら マイナンバーカード」

実はこれ、ロックバンド「ゲスの極み乙女。」の替え歌。ヒット曲「私以外私じゃないの」の歌詞を一部変えたものだ。若者に人気の歌にあやかって、新たに始まる「マイナンバー(社会保障・税番号)制度」をPRをした。

、2015年1月から始まる「マイナンバー」は、政府が国民に12ケタの番号を割り振り、納税や年金などの情報を一元管理する制度。年金や確定申告の際に必要な住民票が不要になる。朝日新聞デジタルによると2015年秋には、一人ひとりの手元に番号を知らせるカードが届く。2016年1月以降、希望者には、制度を利用するときの本人確認手段となる「マイナンバーカード」が配られる。

■「ゲスの極み乙女。」の原曲

【訂正】マイナンバーカードの配布時期が、2015年1月となっていましたが、正しくは2016年1月です。謹んで訂正致します。(2015/05/27 00:32)

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

関連記事

小室哲哉がプロデュースした歌姫たち