NEWS

【YS-11】羽田空港で復活 スクラップを免れて9年ぶりに民間飛行(画像集)

2015年05月27日 14時59分 JST | 更新 2015年05月27日 17時12分 JST

戦後初の国産旅客機「YS-11」が5月27日、民間機としては約9年ぶりに日本の空を飛び立った。

YS-11、羽田空港で復活

この機体は、国土交通省が6機所有していたうちの最後の1機。2014年12月に一般競争入札があり、応札した3社のうち約223万円を提示した大阪府八尾市の航空機整備会社「エアロラボ・インターナショナル」が最高額で落札した。機体の登録が抹消されていたが、エアロラボがネットで寄付を募り、整備して再登録した。

2009年と2010年に売却しようとしたが買い手がなく、2014年も不調に終わればスクラップになる可能性があった

YS-11は1962年に初飛行した双発プロペラ機で、2007年には日本機械学会が「機械遺産」に認定した。国内の民間機は2006年に引退。海上自衛隊の輸送機2機も2014年末に引退したが、航空自衛隊では輸送機として13機が使われている。エアロラボの担当者はYS-11を「今後は航空祭などでの展示飛行を検討していきたい」と意欲を見せている。

《緊急速報》只今、六時間半におよぶ国土交通省航空局との、会議を終えYS-11のフライトについて決定しました。5月27日10時30分より1時間程度フルランナップテストを行い、14時00分〜14時20分の間に羽田空港を離陸。おお...

Posted by aerolab YS-11 on 2015年5月26日

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています