ライフスタイル

ついに「水に浮かぶ家」が誕生するよ。水中パノラマを楽しもう(画像集)

2015年05月27日 17時08分 JST | 更新 2015年05月27日 17時17分 JST

ドバイでは、多額の予算をかけていくつかの奇抜なプロジェクトを進められています。少し挙げるだけでも、屋内スキー場や、摩天楼のような高層ビルのほか、「ミラクル・ガーデン」などの計画があります。

しかし、この最新のプロジェクト「浮かぶタツノオトシゴ」は、これまで以上にすごいです。なんと水面下に部屋がある、まさに“水に浮かぶ家”なのです。

ドバイのデベロッパーであるKleindienst グループは、3月に開催された国際ボートショーで、“水に浮かぶ家”の完成イメージ図を明らかにしました。

この水に浮かぶ家は、構造的には推進力を持たないボートのような作りで、2016年末までに、全42戸を完成させる計画です。ドバイの人口島プロジェクト「世界」(The World)のなかで構想されたアイデアだそうです。

3つのフロアに分かれていて、最上階のデッキと1階のリビングは海面上にあります。その下にある寝室とバスルームは水面下に沈んでいて、水中のパノラマを楽しむことができます。

The Floating Seahorse

このプロジェクトは「浮かぶタツノオトシゴ」という名称にちなみ、アラビア湾の生物を保護も大切にしているそうです。リリースを通じて、Kleindienst グループは「我々は、この豪華な隠れ家の下に人口サンゴ礁を作ります。そこは、タツノオトシゴが安全に生息できる保護地域です」とコメントしています。

5月までに、すでに35戸が販売されています。暑い暑いドバイの夏、水中生活は夢のようなプランかもしれません。

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

Urban Tree House