NEWS

「こんな先生だったら授業が楽しそう」 生徒応援の黒板アートが素晴らしい

2015年06月01日 01時05分 JST | 更新 2015年06月01日 01時09分 JST

学校教師が生徒を応援するために黒板にチョークで描いた作品が5月30日にTwitterに投稿された。生徒を思う気持ちが素晴らしいと、ネット上で話題になっている。

2014年に描かれたのは「アナと雪の女王」のエルサ、2015年版では「名探偵コナン」の怪盗キッドが、迫力ある筆致で描かれた。Twitterの投稿は5月31日正午現在、8000回を超えてリツイートされた。「ハイスペックな担任の先生がいたものや」「こんな先生だったら授業が楽しそう」と反応が続々と寄せられている。

黒板アート甲子園・プレ大会の応募作

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています