NEWS

是枝裕和監督「怒ってます。」 ブログに記載、何があった?

2015年06月04日 23時03分 JST | 更新 2015年06月04日 23時14分 JST
Astrid Stawiarz via Getty Images
NEW YORK, NY - SEPTEMBER 29: Director Hirokazu Kore-eda attends 'Like Father, Like Son' panel at Elinor Bunin Munroe Film Center on September 29, 2013 in New York City. (Photo by Astrid Stawiarz/Getty Images)

『そして父になる』などを手がけた映画監督の是枝裕和さん(52)が6月4日、同日発売の週刊文春が掲載した「是枝監督がカンヌ、くまモンパーティーに怒った!」の記事に対して、自身のブログに「怒ってます。」と題するコメントを掲載した。

週刊文春は、最新作「海街diary」をカンヌ映画祭に出品した是枝さんが、映画祭期間中の5月18日に行われた経済産業省後援の日本文化PRパーティーを欠席したと報道。その理由として、日本がこのパーティーを含めた一連のイベントで紹介したのが、くまモンやミニフィギュア「コップのフチ子」など映画と関係のないものばかりで、是枝さんがその演出方法に賛同できないためだ、と伝えている。

この記事に対して、是枝さんはブログで、文春に送ったメール全文を掲載するとともに反論。文春の記者からの取材を1度は断ったものの再度依頼があり、「映画への公的助成を考える趣旨の内容だった」ために返信したところ、そのメールの一部が無断で引用されたと指摘。是枝さんは「取材は再度お断りしたつもりでしたが、にもかかわらず、この返信メールの一部を引用して記事は書かれました。もちろん引用されることは全く事前に連絡はありませんでした」とし、さらに次のように記している。

パーティーに参加していない人間が、批判することは、主催者にとっては不愉快でしょうし、僕は、この件に関しては当事者でもあるので、底の浅い批判に終始し、単純な揶揄になりたくないと思い、自分としては誠意を持って返信したつもりでいましたが、どうも真意は受け止めてもらえなかったようです。

少なくとも紙媒体では、メールの一部をこのような形で引用したいと思うのだが?という連絡が事前にあってしかるべきだと思うのだけど、違うかな?最早、感覚はリツイートと同じなんでしょうか?

記者に、その旨メールしたところ、『「取材を申し込んだところ、こういう返事があった」としてその文面を紹介するのは、取材活動の一環だと考えて』いる、とメールの返信がありました。

2015年6月4日 怒ってます。 | MESSAGE | KORE-EDA.comより 2015/06/04)

是枝さんはコメントの最後に「記事は『もっと怒ったほうが良さそうです』とまとめられていますが、今、僕の中にある怒りと落胆は、パーティーに対するものではありません」と締めくくられている。

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

関連記事

『海街diary』キャスト、カンヌ映画祭