NEWS

MERS拡大の韓国、でも教授の前でマスクは失礼? 学生が退室命じられる

2015年06月10日 23時36分 JST | 更新 2015年06月11日 16時30分 JST

MERS(中東呼吸器症候群)の患者数が拡大する韓国・ソウルで、名門・成均館大学の学生が、マスクをしたことを理由に退室を命じられとして話題になっている。

default

韓国のニュースメディア「OhMyNEWS」が香港メディア「TVB NEWS」を引用して報道した内容によると、概要は以下の通り。

1.成均館大学の交換留学生だった香港・城市大学のA(22)、B(23)は6月8日、新聞放送学の講義でマスクを着用した。

2.教授が「香港でSARSがあったのは知っているが、だからといって勘に触る姿と雰囲気を我々の講義と韓国に持ち込まないでほしい」と退室させた。

3.学生は学校に抗議したところ「(韓国で)一部の教授は、 授業中にマスクを着用することを失礼だと思っている」「マスクをして発表ができなかった場合は、単位を与えることができない」と答えた。

4.学生は、香港に帰国した。

5.香港旅行業協会は、この問題を理由に、6月の韓国観光ツアーをすべてキャンセルした。

ここまでは、香港メディアが、学生本人に取材して報道した概要だ。

では、成均館大学はどのような立場なのか?

成均館大学は授業から追い出したのは確かだが、香港の学生が一方的に帰国を通知したことで発生した問題だと釈明している。また、授業が終わった後、謝罪したというのが、成均館側の話だ。

OhMyNewsが取材した成均館大学の主張は、以下の通り。

(学生が最初に)教授に「MERSが拡散していて怖いから帰国する」と述べた。教授が「学期が終わっておらず、課題や発表などが残っているのにどうするんだ」と尋ねたが、2人の学生は、主張を曲げなかった。

一方的に帰国を通告され腹が立った教授は、2人の学生に「マスクしてこんな話をしていいのか。マスクを取ってくれ」と要求した。しかし、2人の学生はマスクを取らず、最終的に教授は、2人の学生に授業から退出を命じた。

教授と学生の間に誤解があったが、和解した。

成均館大学はMERS拡散のために学期を終えすに早期帰国する学生が不利益を受けないよう措置を取っている。

この記事はハフポスト韓国版に掲載されたものを翻訳しました。

韓国でMERSの感染広がる

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています