Huffpost Japan

少年Aの手記「今すぐ出版中止を」遺族が訴える 神戸連続児童殺傷事件

投稿日: 更新:
印刷

1997年に神戸市内で連続児童殺傷事件を起こした元少年が手記を出版することに対して、遺族が6月10日「今すぐに出版を中止し、本を回収して」と訴えた。毎日新聞などが報じた。

当時14歳だったため、少年法に配慮して「少年A」とマスコミで報じられた男性は、現在32歳。1997年2月から5月にかけて、神戸市須磨区内に住む児童5人を襲い、小学4年生の女児と小学6年生の男児を殺害、3人に重軽傷を負わせた。「酒鬼薔薇聖斗(さかきばらせいと)」の名前で犯行声明を地元の新聞社に送って、社会に大きな衝撃を与えた。刑事罰の対象年齢を16歳から14歳に引き下げる少年法改正のきっかけになったと言われている。

今回、発売される手記「絶歌」。著者名は「元少年A」。朝日新聞デジタルによると、早ければ10日から書店に並ぶ予定で、版元である太田出版の岡聡社長は「少年犯罪が社会を驚愕させている中で、彼の心に何があったのか社会は知るべきだと思った」と話している

産経WESTによると男性は手記の中で、事件前からの性的な衝動を告白。事件に至るまでの精神状況や、2004年に関東医療少年院を仮退院した後、日雇いアルバイトで生計を立てていたことなどを記している。巻末では遺族や被害者家族への思いも綴ったという。

■「私たちの思いは完全に無視された」と遺族

この手記の出版に対して、元少年に当時11歳だった息子を殺害された土師守(はせ・まもる)さんが10日、弁護士を通じて以下のような談話を出した。

加害男性が手記を出すということは、本日の報道で知りました。

彼に大事な子どもの命を奪われた遺族としては、以前から、彼がメディアに出すようなことはしてほしくないと伝えていましたが、私たちの思いは完全に無視されてしまいました。なぜ、このようにさらに私たちを苦しめることをしようとするのか、全く理解できません。

先月、送られてきた彼からの手紙を読んで、彼なりに分析した結果をつづってもらえたことで、私たちとしては、これ以上はもういいのではないかと考えていました。

しかし、今回の手記出版は、そのような私たちの思いを踏みにじるものでした。結局、文字だけの謝罪であり、遺族に対して悪いことをしたという気持ちがないことが、今回の件でよく理解できました。

もし、少しでも遺族に対して悪いことをしたという気持ちがあるのなら、今すぐに、出版を中止し、本を回収してほしいと思っています。

神戸新聞NEXT|社会|加害男性の手記「今すぐ出版中止を」土師さん 神戸連続殺傷事件 2015/6/10 13:01)

Close
神戸連続児童殺傷事件
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

【関連記事】
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

他のサイトの関連記事

神戸新聞NEXT|社会|神戸連続児童殺傷 加害男性が手紙、遺族「涙 ...

神戸連続児童殺傷事件の「元少年A」が手記を出版 - 産経ニュース

神戸連続児童殺傷事件から18年 被害者の父親が手記:朝日新聞デジタル

神戸連続児童殺傷事件から18年 被害者の父親が手記

【神戸児童連続殺傷事件18年】土師守さん手記全文「全てがわかったということではありませんが、これ以上は難しいのでは…」