NEWS

【ONE PIECE】ギネス世界記録に認定、累計3億部 尾田栄一郎氏「これからも記録に恥じぬ作品を」

2015年06月15日 16時03分 JST | 更新 2015年06月15日 16時06分 JST
one-piece.com

oricon style

『ONE PIECE』&作者・尾田氏がそろってギネス世界記録「これからも記録に恥じぬ作品を」

1997年から現在まで『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて連載中の人気漫画『ONE PIECE』と、作者の尾田栄一郎氏が、同作コミック全巻の累計発行部数が世界で3億2086万6000部を記録し「最も多く発行された単一作家によるコミックシリーズ」として15日、『ギネス世界記録』に認定された。

尾田氏は書面を通じて「ギネス世界記録認定ありがとうございます。漫画は暇つぶしの娯楽ですが、『ONE PIECEの話題で友達ができた、恋人ができた』という報告を受けるとうれしく思います」と感激し「数字的な記録には同時にそれだけの人たちを結び付けられる可能性を感じます。漫画界の先人達または協力者達、読者の皆さまへの感謝を忘れず、これからも記録に恥じぬ作品を描いていきたいと思います」とさらなる飛躍を誓った。

同日には、都内で公式認定証授与セレモニーが行われ、尾田氏の代理人として週刊少年ジャンプ編集長の瓶子吉久氏が出席。認定証を受け取り「名実ともに世界の『ONE PIECE』になったなと非常にうれしく思います」と喜びをかみ締めていた。

同漫画は“ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)”を目指し、麦わらの一味が大海原を航海する海洋冒険ロマン。1997年から『週刊少年ジャンプ』で連載を続ける長寿作で、現在は約30を超える国と地域でも刊行され、その“冒険”を世界にもとどろかせている。また、オリコンが今月1日に発表した『2014年年間“本”ランキング』のコミック部門でも上位TOP3を独占し、コミックシリーズ総売上部数も1188.6万部と「作品別」「シリーズ別」ともに7年連続で1位を獲得した。

【関連記事】

関連記事

小学館ビルの「落書き」写真集