NEWS

パリ航空ショーが開催 世界各国の2300社が参加(画像集)

2015年06月17日 18時33分 JST

100年近い歴史を誇る「パリ航空ショー」が、6月15日からパリ郊外のルブルジェ空港で始まった。2年に1度開催されるイベントで、NHKニュースによると、世界各国の航空機メーカーなど約2300社が参加した。

エアバスが開発した電気飛行機「E-Fan 2.0」や、カナダ・ボンバルディアの130人乗り新型旅客機「CS300」などが展示された。

日本からも三菱航空機が参加。およそ半世紀ぶりの国産旅客機「MRJ」の客席の実物大模型を披露し、航空会社の担当者に快適性などをアピールしていたという。

パリ航空ショー2015

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています