NEWS

【EXILE】松本利夫、USA、MAKIDAIが2015年いっぱいでパフォーマー卒業

2015年06月22日 19時10分 JST | 更新 2015年06月22日 19時57分 JST
時事通信社

oricon style

EXILE・松本利夫、USA、MAKIDAIが年内パフォーマー卒業

EXILEの松本利夫、USA(Uは上に点が付く)、MAKIDAIの3人が今年いっぱいでパフォーマーを卒業することが22日、わかった。所属事務所がオフィシャルサイトなどで発表した。

3人は連名のメッセージで「今、EXILEとしてのひとつの活動を終え、新たな旅へ出るときがきました」と報告。「僕たちが前に進めば、そこに後からレールができ、きっと、EXILEという列車は未来へと、新たな地平へと、ずっと走り続けられるはずだと信じています」と将来に向けての決断であると語った。

3人は個別にもメッセージを発表。「EXILEのステージに立つのは今年が最後になるということです。このことはEXILEを引退するわけでも、卒業するわけでもありません。EXILEのステージに立つこと以外に、EXILEとしてやるべきことができたということです」(松本)、「EXILEのパフォーマーとして、EXILEのステージに立つのは今年が最後となります。でもこれはEXILEをやめるわけでも、踊ることをやめるわけでもありません」(USA)、「今年でEXILEのステージに立つということは最後になりますが、引き続きEXILEとして、エンタテインメントを追求していくことには変わりません」(MAKIDAI)とコメントしている。

今後の活動について、松本は「EXILEとして、『演じる』ことの意味を突き詰めたい」「劇団EXILEを本当の意味でEXILE化させたい」という思いから、「自分が人生をかけてやる決意の証しとして、劇団EXILE『松組』を立ち上げさせていただきます」と発表した。

USAは「ダンスでアースをハッピーに」をコンセプトに取り組んでいるライフワーク“DANCE EARTH”を活動の中心にし、「自分が愛するダンスの素晴らしさを伝えていきたい」と意気込む。

DJとしても活躍するMAKIDAIは「音楽を聴いて楽しんで、踊るという、僕らの原点を伝えていきたい」と心境を明かし、「新たなエンタテインメントの領域を開拓していきたい。DJとしてプレーヤーだけではなく、MIXして新しい価値を創り出すというエンタテインメントのトータルプロデュースを行っていきたいと思います」と決意を込めた。

3人は1999年にHIROらとJ Soul Brothersを結成し、2001年よりEXILEと改名。具体的な卒業コンサートなどは、現時点では発表されていない。

【関連記事】

関連記事

第7回AKB総選挙、トップ7が来場