Huffpost Japan

準惑星ケレスに、高さ5000mの「ピラミッド」【動画・画像】

投稿日: 更新:
印刷

火星と木星の間にある準惑星「ケレス」で、標高3マイル(約5000m)のピラミッド状の山が見つかったと、アメリカ航空宇宙局(NASA)が6月22日に発表した。6日に探査機「ドーン」がケレスまで4400kmの距離まで接近した際に撮影した画像で明らかになった。このピラミッド状の山は、ケレスの比較的滑らかな平原から突出して存在しているという。

ceres pyramid mountain

2月に見つかった表面の明るい光点についても接近撮影に成功した。天文情報サイト「アストロアーツ」によると、氷のような太陽光を反射しやすい物質であることは判明したが、その正体についてはまだはっきりしていないという。

ceres bright spots

【関連記事】
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

Also on HuffPost:

Close
59 Incredible Space Photos
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡

他のサイトの関連記事

探査機撮影の動画公開 準惑星ケレスの周回飛行

ますます鮮明に!氷か塩か、ケレスで輝く謎の光点

準惑星「ケレス」のナゾの光がますます鮮明に、正体は何なの?

ケレスの明るい光点は氷?

準惑星ケレス“不思議な明るい点”は謎のまま NASA

探査機ドーンが準惑星ケレスの日陰側を撮影。謎の光点は暗闇では確認できず

探査機ドーン、準惑星ケレスの周回軌道に到着。1年半の長期観測で謎の光点や内部構造を解析