NEWS

「のぞえもん」書店から回収  ドラえもんのパロディを問題視か?

2015年06月24日 23時37分 JST | 更新 2015年06月25日 00時06分 JST
日本文芸社

6月9日に日本文芸社から発売された藤崎ひかりの漫画「のぞえもん」第1巻が、25日までに書店から回収されていることがわかった。出版した日本文芸社は「ドラえもん」の著作権ビジネスを手がけるアサツー・ディ・ケイの完全子会社。そのため、「ドラえもん」のパロディとも取れる内容が問題になったのではと、ネット上では指摘する声がある。

Amazonでも、すでに取り扱いをやめている。ネットオークションでは25日現在で、即決価格が定価の8倍近い5000円程度になっている。入手困難になったことでプレミア化した模様だ。

■四次元ランドセルで青年を救う内容

「のぞえもん」は、青年向け雑誌「コミックヘブン」で2013年から連載を開始した。主人公は冴えない高校生の「たかし」。ある日、突然パソコンが光り、未来の自分が開発したという幼女型ロボット「のぞえもん」が現れた。

幼なじみの女子高生、渋谷あすかと結婚するように歴史を変えるために、のぞえもんは「四次元ランドセル」から未来のオモチャを出して助けようとするが、どれも不良品。ひろしは毎回、Hなトラブルに巻き込まれてしまう……というラブコメディだ。

うだつの上がらない少年を未来からロボットが助けにくるという基本的な設定が、「ドラえもん」に似ている。いわば幼女版の「ドラえもん」といえる内容だ。さらに、のぞえもんが出す未来のオモチャも、ドラえもんの秘密道具によく似たものがあり、「もしもボックス」そっくりの「もシモBOX」。「石ころぼうし」によく似た「どんぐりぼうし」などがあった。

■版元の日本文芸社「一切お答えできません」

ハフィントンポストの取材に対し、東京都台東区の大型書店の担当者は「22日ごろ、版元から『内容の一部に不備があった』と回収要請があったため、現在店頭にはありません」と明かした。日本文芸社の担当者は「商品に不備があったため回収しました。理由や今後の予定については一切お答えできません」と回答している。

コスプレ美女90選

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています