NEWS

池上彰氏の番組での韓国人インタビュー、フジテレビが謝罪 「別の部分での発言だった」

2015年06月29日 16時01分 JST | 更新 2015年06月29日 21時50分 JST
change.org

6月5日に放送された「池上彰 緊急スペシャル!」の中で、韓国人に日本の印象についてインタビューするシーンで、映像中の発言とは違うテロップがついていた問題について、フジテレビが29日、間違いを公式に認めて謝罪した

フジテレビによると2カ所合わせて約10秒、翻訳テロップとナレーションが発言内容と違っているシーンがあったという。

女性が「文化がたくさんあります。だから、外国の人がたくさん訪問してくれているようです」と話すシーンでは、「嫌いですよ、だって韓国を苦しめたじゃないですか」。

男性が「過去の歴史を反省せず、そういう部分が私はちょっと…」と話すシーンでも、「日本人にはいい人もいますが、国として嫌いです」というテロップとナレーションをつけていた。

2人とも映像中にない別の部分では、実際にテロップと同じ内容の話をしていたが、編集作業でのミスに加えて、最終チェックが不十分であったため、誤った映像を放送してしまったと、フジテレビでは説明している。

【関連記事】

関連記事

日韓50年