NEWS

東海道新幹線で火災、2人死亡9人重軽傷 乗客が油かぶる【UPDATE】

2015年07月01日 01時08分 JST

【UPDATE】2015/06/30 16:02

【UPDATE】2015/06/30 15:33

6月30日午前11時半ごろ、東海道新幹線の東京発新大阪行き「のぞみ225号」(16両編成)から煙が上がり、神奈川県小田原市内の新横浜―小田原間で緊急停止した。

朝日新聞デジタルによると、1号車の先頭付近で、乗客が車内に液体をまいて火をつけたとみられる。全身やけどの男と60歳くらいの女性の死亡が確認された。ほかに1人が重傷、8人がけがをしているという。

JR東海や県警などによると、1号車の先頭付近で煙が上がった。トイレの非常ボタンが押されたため、運転士が車両を緊急停止し、警備会社などを通じて消防や警察に通報した。乗客からも午前11時49分ごろ、「男が灯油のような液体をまいて火をつけた」と110番通報があった。

1号車の運転台に近いデッキ付近に油にまみれた男が1人倒れており、乗務員が消火器で消し止めた。また、1号車後方のデッキにも女性1人が倒れていることを確認した。県警は、男が油をかぶって火をつけ、自殺を図ったとみている。女性は巻き込まれた可能性がある。女性は小田原市内の病院に運ばれた。

新幹線で火災、男女2人死亡 車内で油まく 複数けが:朝日新聞デジタルより 2015/06/30 14:37)

この列車は午後3時前に小田原駅に到着した。産経ニュースによると、約1000人の乗客が乗っていたが、別の車両に乗り換えるという。

JR東海によると、東海道新幹線は新横浜―小田原間で運転を一時運転を見合わせた。午後2時09分に運転を再開したが、一部の列車に運休や遅れが出ている。

【UPDATE】2015/06/30 16:02

NHKによると、死亡した男は、70代の運転免許証を持っていたという。

警察によりますと、油のような液体をかぶって死亡した乗客の男について、同じ1号車にいた60代の女性は、「男性が自分の座席の所に来て、『拾ったからお金をあげる』と話しかけてきて、座席のテーブルに数枚の千円札を置いた。私が『いらない』と言うと男性が通路をうろうろし、油のような液体をかぶった。私が『やめなさい』と男性に言うと、男性は『あなたも危ないから逃げなさい』と言ったので後方の車両に逃げた。その間に男性から火が出ていた」と話しているということです。



新幹線 火をつけた男は70代の免許証所持 NHKニュースより 2015/06/30 15:34)

【UPDATE】2015/06/30 23:19

神奈川県小田原市を走行中の東海道新幹線のぞみ225号(東京発新大阪行き、16両編成)内で乗客2人が死亡した火災で、県警は30日、亡くなった女性は横浜市青葉区荏田町の整体師、桑原佳子さん(52)と発表した。また、車内で火を付けて死亡したのは東京都杉並区西荻北4丁目の職業不詳、林崎春生容疑者(71)と判明。県警は林崎容疑者を現住建造物等放火の疑いで調べている。

亡くなったのは、横浜市の52歳女性 東海道新幹線火災:朝日新聞デジタルより 2015/06/30 22:31)

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

関連記事

新幹線50年