NEWS

ギリシャの債務「返済されず」 IMFが声明 通常のデフォルトとの違いは?

2015年06月30日 20時04分 JST | 更新 2015年06月30日 22時52分 JST
JOHN MACDOUGALL via Getty Images
The Greek national flag is on display outside the Embassy of Greece to Germany on June 29, 2015 in Berlin. After talks between Athens and its creditors broke down, leaving Greece headed for an EU-IMF default and possible exit from the eurozone, the ECB said on June 28, 2015 it would keep open Emergency Liquidity Assistance (ELA) to the debt-hit country's banks. AFP PHOTO / JOHN MACDOUGALL (Photo credit should read JOHN MACDOUGALL/AFP/Getty Images)

国際通貨基金(IMF)は7月1日の声明で、30日夕方に返済期限をむかえたギリシャからの約15 億ユーロ(約2000億円)の債務が返済されなかったと発表した

IMFは理事会に対し、ギリシャが返済義務を履行しない「延滞」になったと報告した。NHKニュースによると、これまでIMFへの返済が延滞したのはアフリカのジンバブエなど発展途上国に限られており、先進国ではギリシャが初めてだ。

ギリシャでは5日、EUが受け入れを求めてきた財政緊縮策の賛否を問う国民投票が行われることなった。ギリシャはEUに対して25兆円を超える債務を抱えているため、EUは国民投票の結果を見極める構えとなっている。

■通常のデフォルトとは区別

毎日新聞によると、今回のギリシャの延滞は公的機関に対する債務で、影響が即時に世界中の投資家に広がるわけではない。このため、アメリカの大手格付け会社スタンダード&プアーズは6月29日、IMFへの返済が滞っても通常のデフォルトとは区別する方針を明らかにしている。

ただし、ギリシャの手元資金が枯渇する中、7月中旬には国債の返済期限が次々に到来する。欧州中央銀行(ECB)による資金供給が続かなければ、ギリシャ国債など民間への債務返済は難しく、最終的には格付け会社などがデフォルトと認定する可能性が高まっている。

デフォルト危機のギリシャ

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています