NEWS

「ごはんに牛乳は合わない」 新潟県三条市、給食から牛乳をカット

2015年06月30日 23時04分 JST | 更新 2015年07月02日 01時48分 JST
Bloomberg via Getty Images
JAPAN - JANUARY 26: A school girl have school lunch at Senzoku Elementary School in Tokyo, Japan, on Monday, Jan. 26, 2009. (Photo by Toshiyuki Aizawa/Bloomberg via Getty Images)

新潟県三条市の教育委員会は6月30日、市内の小中学校全30校で、牛乳を給食の献立から外すことを決定した。実施は夏休み明けの9月からの見込み。毎日新聞などが報じた。

米の生産量で日本一を誇る新潟県。その県内にある三条市では1998年度から、お米を使った給食のみを採用していた。保護者から「ごはんに牛乳は合わない」などの声があったことを受け、2014年12月から2015年3月まで試行的に牛乳提供を停止していた

今回の決定では、牛乳から栄養を摂ることは必要だとして、給食とは別に「ドリンクタイム」を設けて牛乳を提供することになった。「ドリンクタイム」は、午前中の休み時間か授業の終わりに設け、難しい場合でも給食の時間から切り離して設定する方針だという。

30日の教育委員会には、学校関係者や保護者なども参加。「学校給食の牛乳の文化を奪わないでほしい」とか「ドリンクタイムで牛乳だけ飲めるのか疑問」など反対意見が出た。市側は、あくまでも「ご飯に合わないので一緒には提供できない」と理解を求めたとNHKニュースは報じている。

海外の日本食レストランベスト30


【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています