NEWS

ジョニー・デップ、海賊姿で小児病院に現れる ジャック・スパロウに子供たちも笑顔【動画】

2015年07月09日 01時39分 JST | 更新 2015年07月29日 18時23分 JST

俳優のジョニー・デップさん(52)が7月7日、映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」のジャック・スパロウに扮してオーストラリアの小児病院を訪問した。オーストラリアのABCなどが報じた。

デップさんは子供たちとハグしたり、自撮りを楽しんだりした。現地紙のブリスベンタイムスは、子供たちと触れ合うデップさんの様子を動画で紹介。ジャック・スパロウの姿を見つけた子供たちが、デップさんに駆け寄る姿が報じられた。

病院に入院しているマックス・ベネットさん(7歳)の母・レイチェルさんは、デップさんが「ベッドから離れられない子供のために、自ら訪問していた」とコメント。デップさんはマックスさんに冗談を言ったり、海賊がデザインされた金貨をプレゼントしたりしたという。

マックス・ベネットさんとジャック・スパロウ

病院のFacebookページによると、デップさんは3時間ほど滞在した。その様子は、今後動画にもまとめられる予定だという。

ジョニー・デップ これまでの変化

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています