NEWS

NY証券取引所でシステム障害 全銘柄が取引停止、約3時間後に復旧

2015年07月08日 20時22分 JST
Spencer Platt via Getty Images
NEW YORK, NY - JULY 08: Traders wait for trading to resume on the floor of the New York Stock Exchange (NYSE) after trading was halted due to a 'technical glitch' on July 8, 2015 in New York City. Trading was to resume in the afternoon. (Photo by Spencer Platt/Getty Images)

ニューヨーク証券取引所で7月8日、4時間近く取引ができなくなるシステム障害が発生した。ロイターによると、アメリカ東部時間午前11時半(日本時間9日午前0時半)ごろに、技術的な障害の発生に伴いすべての銘柄の取引が停止。その後3時間以上にわたって取引停止の状態が続いたが、同午後3時10分(同午前4時10分)ごろに、取引が再開したという。

産経ニュースによると、ユナイテッド航空も同日、1時間以上にわたって全米で運航を停止、数百便に遅れが生じたほか、ウォールストリート・ジャーナルのウェブサイトも一時、システム障害で閲覧ができなくなった。ハフポストUS版によると、トップページで、以下のようなエラーメッセージが表示されていた。

wsj

これらのトラブルについて、ホワイトハウスのアーネスト報道官は8日の記者会見で「現時点ではいずれについても悪意のある行為だという証拠はない。関連もない」と述べ、サイバー攻撃ではないという見方を示している

NY証券取引所でシステム障害


【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています