NEWS

【新国立競技場】平尾剛さんも激怒「こんな不条理は断じて許せない」 元ラグビー日本代表

2015年07月09日 18時23分 JST | 更新 2015年07月09日 18時38分 JST

2520億円の巨費で建造される新国立競技場に対して、スポーツ界からも批判の声が出てきた。1999年にワールドカップ日本代表に選ばれた元ラグビー選手の平尾剛さんが7月8日、「こんな不条理は断じて許せない」と、Twitterで怒りを露わにした。

平尾さんは、神戸製鋼コベルコスティーラーズで日本一を達成。1999年のワールドカップ日本代表にも選ばれた。現在は神戸親和女子大学の講師を務めている。新国立競技場は、2019年のラグビーワールドカップ、2020年の東京オリンピックに「絶対に間に合わせてほしい」と舛添要一・東京都知事も要望していた

■新国立競技場、文化人からも異論相次ぐ

新国立競技場はもともと、約1300億円の整備費で建設されることになっていたが、コンペで選ばれたザハ・ハティド氏の案では3000億円以上かかることが明らかになり、2014年にJSCが大幅に規模を縮小し、1625億円規模の修正案を公開。資材高騰などが影響し、2520億円がかかることが判明したが、結局、このまま建設されることが決まっている。

当初の予定を超える巨費が注ぎ込まれることに対して、俳優の渡辺謙さんや作家の平野啓一郎さんら、文化人からも異論が相次いでいる。

新国立競技場のデザインたち


【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています