NEWS

「死ぬ権利」根強い反対でカリフォルニア州では成立せず

2015年07月09日 20時13分 JST | 更新 2015年07月09日 20時14分 JST
ASSOCIATED PRESS
Supporters of proposed legislation allowing doctors to prescribe life ending medication to terminally ill patients, hold up signs of support during a hearing on the bill in the Senate Health Committee at the Capitol in Sacramento, Calif., Wednesday March 25, 2015. Brittany Maynard, a 29-year-old San Francisco Bay Area woman who had terminal cancer, moved to Oregon where she could legally end her life. The bill was approve by the committee by a 5-2 vote.(AP Photo/Rich Pedroncelli)

カリフォルニア州では「医師による安楽死を認める法案」が6月4日に上院で可決された。しかし下院への提出を目前にした7月7日、カトリック教徒が多い地域出身の議員からの反対を受けて法案の提出が断念されたとAP通信が伝えている。

この法案は、医師が終末期の患者に尊厳死(安楽死のための薬剤処方)の手段を提供することを合法化するものだった。条件は以下の3つだ。

① 2人の医師が患者の余命を6カ月以内と予測すること

② 患者が尊厳死の要望書を出し、少なくとも15日の間隔をおいて口頭で2度の要請を行うこと

③ 自分の健康に関して正しい判断をするための、精神的な責任能力を患者が有すること

カリフォルニア州では、同様の尊厳死法案が2007年にも否決されている。今回もその時も、法案成立を阻んだのは多くの宗教団体や医療関係団体による激しい反対だ。

しかし今回は変化も見られた。2015年5月に、カリフォルニア州医師会がこれまでの姿勢を転換し、尊厳死の問題は患者と医師の間で決めるべきだという見方を表明したのだ

一度否決されたにも関わらず、今回カリフォルニア州で尊厳死の法案が再提出された背景には、ブリタニー・メイナードさんが尊厳死を選んだことがある。2014年に末期の脳腫瘍と診断された当時29歳のメイナードさんは、カリフォルニア州から、尊厳死が合法とされているオレゴン州へ引っ越し、同年11月に医師に処方された薬を服用して亡くなった

議員たちに向けて、多くの人が尊厳死を選択できるようしてほしいと訴えていたメイナードさんが亡くなった2カ月後の2015年1月、カリフォルニア州で尊厳死の法案が提出されたのだ。

今回法案を草稿したビル・モニング上院議員(民主党)は「上院第128号法案、すなわち尊厳死法の法案を、下院に提出しないことを選択しました」と、プレスリリースで述べているがまだ諦めてはいないようだ。彼はこう続けている。

「法案を改めて提出し、その内容に下院のメンバーが納得してくれるように、これからも活動を続けていきます。カリフォルニア州の有権者の7割は上院法案第128号の可決を望んでいます。我々は尊厳死を望む人たちのために、尊厳死法の制定に向け今後も努力を重ねていきます」

ちなみに現在アメリカで、尊厳死が認められているのは、モンタナ州・オレゴン州・ワシントン州・バーモント州・ニューメキシコ州の5州だけだ。

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

[日本語版:水書健司/ガリレオ]

ブリタニー・メイナードさん

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています