ライフスタイル

この写真集を見れば、今すぐスマートフォンをしまいたくなるかも知れない

2015年07月11日 16時22分 JST | 更新 2015年07月14日 15時13分 JST

どうやら、スマートフォンの登場は、私たちから「何もしない時間」という概念そのものを奪い取ってしまったようだ。

写真家のベイビーケイクス・ロメロ氏は2014年に、スマートフォンの画面にくぎ付けになる現代人の姿を、作品で表現した。この写真に映る人たちは皆、スマートフォンを見ていなければ、会話したり、食事を楽しんだり、ただ宙を見つめたりといったことをしていたはずだ。「The Death of Conversation(会話の死)」と題されたこの作品はアメリカのウェブサイト「Bored Panda」上で公開されるとたちまち反響を呼び、7月7日には世界的なトークイベント「TEDx Talk」で発表されるに至った。

ロメロ氏は、彼が作品を公開してから、人々のスマートフォンへの「くぎ付け」は「悪くなる一方」だと言う。

「スマートフォンが人々の生活を支配するにつれ、彼らのスマートフォンに依存する度合いはますます増えてきた。まるで彼らの存在そのものがデジタル化され、"24時間年中無休で"アクセス可能になってしまったようだ」。ロメロ氏はハフポストUS版へのメール中でこう語った。

あなたにも、心当たりがあるのではないだろうか。例えば、誰かとのディナーの最中に会話が止まってしまうと、途端にお互いがスマートフォンをチェックする。スマートフォンは人との「つながり」が途切れてしまった時の、"逃げ場"となってしまっていると、ロメロ氏は指摘する。

「本来であれば人と人とを"つなぐ"はずのテクノロジーが、実際には距離を遠ざけてしまっているのは悲しい」と、ロメロ氏は言う。

  • Babycakes Romero
  • Babycakes Romero
  • Babycakes Romero
  • Babycakes Romero
  • Babycakes Romero
  • Babycakes Romero
  • Babycakes Romero
  • Babycakes Romero
  • Babycakes Romero
  • Babycakes Romero
  • Babycakes Romero
  • Babycakes Romero
  • Babycakes Romero
  • Babycakes Romero
  • Babycakes Romero
  • Babycakes Romero
  • Babycakes Romero

World Photography Awards

【関連記事】

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています