ライフスタイル

「セクシュアリティの在り方は様々」東京国際レズビアン&ゲイ映画祭、上映作品は?【LGBT】

2015年07月13日 01時26分 JST
Starting Over

第24回「東京国際レズビアン&ゲイ映画祭」が7月11日から、シネマート新宿とスパイラルホール(表参道)で開催される。LGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーなどのセクシュアル・マイノリティ)をテーマに、世界各国の最新映画14作品を上映する。

カンヌやベルリンなどの国際映画祭の出品作で、ほとんどが日本初上映。来場者の約3分の1は非当事者で、セクシュアリティに関わらず楽しめる映画祭となっている。

同映画祭の運営委員会代表の宮沢英樹さんは、セクシュアリティの在り方は様々だとして「みんなで映画を楽しんでほしい」などと、公式サイトで以下のようにコメントしている。

昨今ではLGBT(レズビアン/ゲイ/バイセクシュアル/トランスジェンダーの頭文字)と簡単に略されることもありますが、人それぞれ、自身に宿るセクシュアリティの在り方はさまざまで、簡単に区分けできない人も多くいます。(中略)

あなたの隣で映画を見ている人は、
レズビアン? ゲイ? バイセクシュアル? トランスジェンダー? それともヘテロセクシュアル(異性愛者)?
それは、あなたにとって何か問題でしょうか?

私たちの映画祭はセクシュアリティをテーマにしながら、そのことを少しだけ感じて、また少しも気にせずに、みんなで映画を楽しんでほしいと願っています。

ご挨拶 | 第24回東京国際レズビアン & ゲイ映画祭(TILGFF)より)

以下に公開作品、および放映時間を紹介する。

東京国際レズビアン&ゲイ映画祭 出品作

6月にアメリカ連邦最高裁判所が同性婚を合憲とする判決を下し、5月にアイルランドが国民投票によって同性婚を認める憲法改正を決めるなど、欧米ではLGBTに関する法整備が進められている。

2015年に入り、日本も東京都渋谷区の同性パートナーシップ条例をきっかけに世間の関心も高まっており、4月に開催された「東京レインボープライド2015」には2日間で約5万5000人が来場した。

【関連記事】

東京レインボープライド2015 画像集

ハフポスト日本版ライフスタイルはTwitterでも情報発信しています