NEWS

岩田聡・任天堂社長が55歳で死去

2015年07月12日 21時33分 JST | 更新 2015年07月12日 21時39分 JST

任天堂は7月13日、岩田聡社長(55)が11日に胆管腫瘍のため死去したと発表した

岩田氏は任天堂向けにゲームソフトを開発するハル研究所の社長を経て、2000年6月に取締役に就き、2002年5月に社長に就任した。

岩田氏は、6月26日に開催された定時株主総会を2年ぶりに出席、社長続投が決まったばかりだった。2015年3月期に4年ぶりの営業黒字になったことや、ソーシャルゲーム大手のDeNAと資本業務提携してスマートフォン向けゲームに参入することなどを報告していた

【関連記事】

2015年に亡くなった著名人

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています