NEWS

安保法制、2万人が反対デモ 「私たちの独裁を打倒する記念日に」

2015年07月14日 23時31分 JST | 更新 2015年07月14日 23時31分 JST

rally

2015年7月14日、東京・日比谷野外音楽堂で、安全保障関連法案の廃案を求めて集まった人たち

安全保障関連法案の採決に反対する大規模な集会が7月14日、東京・日比谷野外音楽堂であり、主催者によると約2万人が参加した。

戦争させない・9条壊すな!総がかり行動」の主催。作家の落合恵子さんが「私は最後の戦中派です。2015年7月14日のこの日を、私たちの独裁を打倒する記念日にしましょう」と壇上から訴え、「戦争法案、絶対反対」などとシュプレヒコールをあげた。会場に入りきれなかった人々を含め、参加者らは国会前までデモ行進した。

安全保障関連法案は15日の衆院特別委員会で与党単独で採決され、与党側は週内にも衆院本会議での採決を目指す。反対する市民団体などは、15~17日にも国会前で反対集会を予定している。

安保関連法案・国会の内と外


【訂正】落合信子さんという記載がありましたが、正確には落合恵子さんです。謹んで訂正いたします。(2015/07/15 09:40)

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています