NEWS

【安保法案】衆院特別委、与党単独で強行採決(画像集)

2015年07月16日 01時42分 JST

衆議院で審議中の安全保障関連法案について、与党は7月15日午後、特別委員会での締めくくりの質疑を打ち切って採決を強行、自民・公明の賛成多数で可決した。野党は質疑打ち切りに反発し、採決に加わらなかった

自民・公明の両党は採決に先立ち、幹事長らが会談し、16日の衆議院本会議での通過を目指す方針を確認した

真夏の日差しが照りつける東京。国会前には、この日も法案の採決に反対する人々が詰めかけた。 (C)時事通信社

衆院平和安全法制特別委員会理事会に臨む浜田靖一委員長(中央)と与野党の理事ら (C)時事通信社

安倍晋三首相は15日午前中の締めくくりの審議の中で「残念ながらまだ国民の理解が進んでいる状況ではない」と認めた。 (C)時事通信社

衆院平和安全法制特別委員会で、民主党の辻元清美氏(左下)の質問に答弁する安倍晋三首相(右) (C)時事通信社

衆院平和安全法制特別委員会で質問する民主党の辻元清美議員 (C)時事通信社

衆院平和安全法制特別委員会でやじを飛ばす安倍晋三首相(右) (C)時事通信社

衆院平和安全法制特別委員会で、議員に囲まれる浜田靖一委員長(中央右) (C)時事通信社

野党議員が反対する中、安全保障関連法案を採決する衆院平和安全法制特別委員会の浜田靖一委員長(中央) (C)時事通信社

衆院平和安全法制特別委員会でプラカードを持った民主党議員らに囲まれる中谷元防衛相(中央右)と岸田文雄外相(同左) (C)時事通信社

衆院平和安全法制特別委員会でプラカードを持った民主党議員らが委員長席に詰め寄る中、起立し賛成する自民党議員 (C)時事通信社

【関連記事】

安保関連法案・国会の内と外

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています