NEWS

「嵐」櫻井翔さん父親、総務省の事務次官に

2015年07月16日 23時27分 JST | 更新 2015年07月16日 23時27分 JST

政府は7月17日、総務省の大石利雄事務次官(62)が退任し、後任に桜井俊総務審議官(61)を充てる方針を固めた。桜井氏は、人気アイドルグループ「嵐」の櫻井翔さんの父親。47NEWSなどが報じた。

総務、自治、郵政の3省庁が統合して2001年に総務省が発足後、旧郵政省出身の起用は4人目。月内にも発令する。

桜井氏は情報通信部門の経歴が長く、NTT再編や携帯電話業界の競争促進など、通信事業の自由化に取り組んだ。

「嵐」桜井翔さん父親総務次官に 旧郵政省出身の桜井俊氏 - 47NEWS 2015/07/07 10:01)

桜井氏は、1977年に東大法学部を卒業。総務省総合通信基盤局長、情報通信国際戦略局長などを経て2013年6月総務審議官。群馬県出身。

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

関連記事

スマホがストレスになっていることを示す兆候