NEWS

「新国立競技場は白紙、ゼロベースで見直す」安倍首相が政治決断(発言全文)

2015年07月17日 16時24分 JST | 更新 2015年07月17日 16時25分 JST
ASSOCIATED PRESS
Japanese Prime Minister Shinzo Abe speaks during a parliament committee session regarding controversial bills on Japan's defense role overseas at the parliament in Tokyo, Wednesday, July 15, 2015. (AP Photo/Shuji Kajiyama)

2520億円の建設費をめぐって批判が集中していた、新国立競技場の建設計画について、安倍晋三首相は7月17日、白紙に戻しゼロベースで見直すと明らかにした。2019年のラグビー・ワールドカップまでの完成は断念した。以下は安倍首相のコメント。

***

2020年のオリンピック・パラリンピックの会場となる新国立競技場の現在の計画を白紙に戻し、ゼロベースで計画を見直す。そう決断いたしました。オリンピックは国民皆さんの祭典であります。主役は国民、お一人お一人、そしてアスリートの皆さんです。ですから、皆さんに祝福される大会でなければなりません。国民の皆さん、またアスリートたちの声に耳を傾け、1カ月ほど前から、計画を見直すことができないか、検討を進めてまいりました。手続きの問題、国際社会との関係、オリンピック・パラリンピック開催までに工事を終えることができるかどうか、ラグビーワールドカップの開催までには間に合わなくなる可能性が高い、という課題もありました。

そして本日、オリンピック・パラリンピック開催までに間違いなく、完成することができる、そう確信することができたため、決断をいたしました。オリンピック組織員会の会長である森会長の了解もいただきました。ラグビー・ワールドカップには残念ながら間にあわせることができませんし、会場として使うことはできませんが、今後とも、ラグビー・ワールドカップに国としてしっかり支援していく、その考えに変わりはありません。

オリンピックにおいてまさに世界の人々に感動を与える場と新しい競技場をしなければならない。その大前提のもとに、できる限りコストを抑制し現実的にベストな計画を作っていく考えであります。そして大至急、新しい計画を作らなければなりません。先ほど、下村文科相と遠藤五輪相に直ちに新しい計画作りに取り掛かるように指示をしたところであります。

2020年のオリンピック・パラリンピック、国民みんなで祝福できる、そして世界の人々から賞賛される大会にしていきたいと思います。

――白紙に戻す原因は?

やはりコストが当初の予定より大幅に膨らみ、国民の皆様、アスリートたちからも大きな批判がありました。このままではみんなで祝福できる大会にすることは困難である。そう判断したわけであります。

ただ工期の問題がありましたが、今日、オリンピック・パラリンピックまでに完成できる、そう確信しましたので、決断いたしました。

新国立競技場のデザインたち

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています