NEWS

ハワイで7月の吹雪に見舞われる(冗談抜きです)

2015年07月18日 21時18分 JST

7月に雪が降ったというだけで十分奇妙だが、7月のハワイで吹雪になったら、それはびっくり仰天だ。

しかしハワイ島にあるマウナケア山の山頂で7月17日朝、本当に起きた。

激しい雷雨が通過し、氷点下近くまで気温が下がった影響で約4センチの積雪と凍結があったと山頂警備隊から報告された。

hawaii

マウナケア山は海抜4205mの休火山で、冬には冠雪があるが、夏の雪は極めて珍しい。

気象学者のライアン・ライマン氏は「ウエスト・ハワイ・トゥデイ」に「7月の雪もあり得ることです」と語った。

山頂の夏の平均最高気温は摂氏4度、平均最低温度はマイナス4度になる。

マウナケア気象センターによると、マウナケア山の天候は極めて予測が難しいという。声明では、「穏やかな晴れの日でも急に不安定になります。ハリケーンで暴風雪になることもあります」と警告している。

山頂のウェブカメラが変わりやすい天気の様子を捉えた。2つのタイムラプス動画で見てみよう。

Hawaii In Photos

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

2015-04-28-1430218364-9211717-about_local_heats_.jpg