NEWS

安保法案は「戸締まり」のため 安倍首相、みんなのニュースに生出演

2015年07月20日 18時42分 JST | 更新 2015年07月21日 18時21分 JST
YOSHIKAZU TSUNO via Getty Images
Japanese Prime Minister Shinzo Abe delivers a speech at the UIC 9th World Congress on High Speed Rail in Tokyo on July 7, 2015. Some 1,000 participants from 40 national railway companies have gathered to discuss the latest technology on the high speed railway networks at the four-day conference. AFP PHOTO / Yoshikazu TSUNO (Photo credit should read YOSHIKAZU TSUNO/AFP/Getty Images)

安倍晋三首相が7月20日、フジテレビ系の「みんなのニュース」に生出演した。安全保障関連法案が衆院を通過したことを受けて、自ら「国民に向けて分かりやすく解説する」ことが目的。安倍首相は6日の自民党役員会で、法案への理解が進まない現状に関し「本当はテレビ番組に出たいのだが、どこも呼んでくれない」と漏らしていた

冒頭で安倍首相は、視聴者から寄せられた「なぜ法制化を急ぐのか?」という質問に対して「戸締まりをしっかりするため」などと説明した。しかし、ネット上で「そんな話なの?」「余計分からないよ」といった戸惑いの声が広がっている。

■「前は雨戸だけ閉めておけばよかった」

フジテレビの伊藤利尋アナウンサーと、安倍首相のやり取りは以下の通り。

伊藤アナウンサー:番組では安保法制について、国民の疑問を100個、集めました。いろいろとあるんですが、「アメリカに言われたからではないか?」。「メリット、デメリットをはっきりと知りたい?」。「なんでこんなに焦ってらっしゃるのか」。結構、ふわっとした言い方ですが、もやもやした国民が多いと思うんですよ。

安倍首相:「なんでそんなに急ぐの?」と言われるんですね。戸締まりをしっかりしていこう。ということなんですね。かつては雨戸だけ閉めておけば、よかったんです。雨戸だけ閉めておけば、泥棒を防いで自分の財産を家に置いておいても、守ることができたんです。

でも、今はどうでしょうか。たとえば振り込め詐欺なんて、電話がかかってきますね。それへの対応もありますし、自分の財産が電子的に取られてしまうという事態にもなってます。そういう事態に備えていなければいけない。

たまたま今は何も起こってないけれど、備えていなければ、そういう事態が起こるかもしれない。まさにそうした『戸締まり』。国民の命や自由や幸福を守るためには、今からしっかりと備えをしておくことによってですね。何かよこしまな考えを持っている人が、『日本を侵略するのをやめておこう』となっていくんです。

つまり未然に防ぐための法律は、もう随分、安全保障環境が厳しくなってますから、私は政治家の責任というのは国民の命や幸せな生活を守ることですから、その責任を果たさなきゃいけないと思っているんです。

■ネット上で多かった「?」の声

■安倍首相の姿勢に理解を示す声も

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

関連記事

海上自衛隊の護衛艦