NEWS

ヘイトクライムの罪で21歳の白人容疑者を起訴 アメリカの教会で銃乱射

2015年07月23日 00時19分 JST | 更新 2015年07月23日 00時21分 JST
Reuters

[ワシントン 22日 ロイター] - 米南部サウスカロライナ州チャールストンの黒人教会で起きた銃乱射事件で、連邦大陪審は22日、連邦法の憎悪犯罪(ヘイトクライム)などで白人のディラン・ルーフ容疑者(21)を起訴した。罪状は33件に上り、死刑の可能性もある。

起訴状によると、礼拝中の教会でルーフ被告が人種に基づいて標的を選び、犯行に及んだとしている。また、記者会見したリンチ司法長官は、同被告が数カ月前から犯行を計画していたと明らかにした。

ルーフ被告は、州法の殺人罪などでも起訴されている。

6月17日に起きたこの事件では9人の黒人が殺害された。また、ルーフ被告が「奴隷制の象徴」ともされる南北戦争時の南軍旗と写真を撮っていたことが分かり、南北旗をめぐる論争が激化。同州議会議事堂の南軍旗は撤去された。

関連記事

チャールストン 銃乱射事件