Huffpost Japan

「産後、体型はこうやって変化した」ある母親の写真に、世界中から心揺さぶられる反応が

投稿日: 更新:
印刷

ニュージーランドに住む母親で栄養士のジュリー・ボーゼルさんが、産後に変化していく自分の体の写真をブログに投稿した。投稿した時は、地元にいる知り合いのママさんたちに見てもらえば、くらいに思っていたが、この投稿が世界中の母親たちの間で急速に拡散し、熱狂的な反響がくるとは彼女自身も思っていなかった。

ボーゼルさんのブログ「私のリアルな産後の体」は、1月に次男を出産してから自身の体が変化していく中、写真、自分が思うこと、他の母親たちからのサポートの言葉などを掲載している。また彼女は、新しく母親になった女性が妊娠で変化した体の変化から「元に戻す」重圧について強調し、ブロガーのジャニュアリー・ハーシュさんが始めた#TakeBackPostpartum(産後の体を取り戻す)のように、もっと率直に、誰もが参加できるネット上のトレンドに加わることで、すぐに体を元に戻すという期待はしないように伝えている。

photo

「長男を出産した後に、体が全く変わってしまったことには本当に苦労しました」と、ボーゼルさんはハフポストUS版に語った。「医療関係者として、専門家として、自分の体を元に戻すことにとてもプレッシャーを感じていました。私は健康なので簡単に戻せるだろうと思われますが、そんなことはありません! かなり時間がかかりました!」

「息子に授乳するのにも非常に苦労したので、女性として、母親としての自信が全くなくなってしまいました」と、ボーゼルさんは続けた。「栄養学の専門的知識がある自分でもこのように感じるのなら、他の母親はどういう風に感じるのだろう? と思いました」。そして次男の出産後、ボーゼルさんは産後の体験を他の母親たちとシェアしようと決めた。「1人くらいのママさんに、自分も孤独ではないと思ってもらえばいいかな、といった程度に思っていました」

しかし、このブログの投稿は一人の母親どころか、はるか世界を超えて広まった。さまざまなニュースサイトSNSでシェアされ、「私のリアルな産後の体」は世界中を力づけた。ボーゼルさんは非常に「心揺さぶられる」体験をしたと語っている。「みなさんからのコメントやメッセージ、フィードバックには非常に感動し、読んでいて涙があふれてくることもよくあります。いつも夜遅くまで起きて、全部読ませてもらっています(返信もさせてもらっています)」

博士課程を修了してわずか数カ月、栄養士であり母親であるボーゼルさんは新しく親となった人たちを助けたいと思っている。「この記事を読んでくれる母親となった人に、自分はどれだけ美しく、素晴らしいのかを知ってほしいのです。これまでに経験してきたこと、今直面していること、そして毎日犠牲にしていることがあるのですから」とボーゼルさんは語った。

「母親となった人たちが時間をかけて体を回復して、しっかりとした食事と愛情で栄養をつけるお手伝いができればいいですね」

Close
Meet Our Body Image Heroes
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

【関連記事】
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png

他のサイトの関連記事

「産後クライシス」は、いつ終わるのか? | 産後 ... - 東洋経済オンライン

産後の女性を悩ませる「分娩後脱毛症」って?