NEWS

長崎原爆「ファットマン」黄色だった 緑から塗り替え

2015年07月28日 20時53分 JST | 更新 2015年07月31日 17時50分 JST

原爆ファットマン、緑色→黄色に塗り替え 長崎の資料館

長崎市の長崎原爆資料館に展示されている原爆「ファットマン」の原寸大模型が、これまでの濃い緑色から黄色に塗り替えられて、28日公開された。近年の調査で実物は黄色だったことが確認され、被爆70年に合わせて塗り替えた。

fat man

黄色に塗り替えられたファットマン。先端部や胴体の模様も再現されている=28日午前、長崎市の長崎原爆資料館

ファットマンは1945年8月9日、長崎に投下されたプルトニウム原爆。96年に資料館が開館した当時、アメリカの博物館にある模型などを参考に濃い緑色にした。

fat man

塗り替え前のファットマンの模型=長崎市の長崎原爆資料館

ところが2010年、有識者らでつくる原爆資料館の運営協議会で委員から「本物の色と違うのではないか」との指摘があり、長崎市が報道機関の所有するカラーフィルムを調べたり、米国の博物館に情報を求めたりして、黄色だったことがわかった。

(朝日新聞デジタル 2015年7月29日00時31分)

asahi shimbun logo

(朝日新聞社提供) 

原爆投下直後の長崎 写真集