NEWS

「ブルームーン」は7月31日 最も丸くなるのは何時?

2015年07月31日 14時38分 JST | 更新 2015年07月31日 14時38分 JST
aftab./Flickr
What if the moon was blue? As I was processing the picture, blue looked cool, and I wondered. If moon was blue then we probably wouldn't have said, "Once in a blue moon". May be, "Once in a pink moon".? Anyways, Afsana said, moon hasn't been this close to earth in last 18 years. So, I had to take a picture to celebrate this once in a blue moon occasion=)

7月31日は、数年に一度の「ブルームーン」だ。国立天文台によると、午後7時43分頃に、最も丸い満月が見られるという。

ブルームーンとは、ひと月に2度現れる満月のこと。実際に青い月が見られるわけではないが、「Once in a blue moon」という英語の慣用句が「非常にまれな」という意味を表すように、次にブルームーンを見るには、3年後の2018年1月まで待たなければならない

さらに、今回の満月は「バックムーン」「サンダームーン」そして「ヘイムーン」でもある。

古くから人は、満月に様々な名前をつけてきた。「バックムーン」は日本語で言うと「雄鹿満月」。鹿の角がこの季節に生え変わることから、ネイティブアメリカンはこの名をつけた。「サンダームーン」は7月に雷が多いことから、「ヘイムーン(干草満月)」は干草を刈り取る季節であることからそれぞれ名付けられている

人は月を見て何を思うのか。これまでの満月の写真を紹介しよう。

スーパームーン画像集(2014年)

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています