ライフスタイル

この少年は本が買えない。そこで、郵便配達の人にあるお願いをした。すると......

2015年07月31日 18時47分 JST | 更新 2015年08月02日 22時38分 JST
Ron Lynch / Facebook

12歳の少年マシュー・フローレスくんは他の人とちょっと違う。彼は迷惑郵便が大好きだ。

つい最近まで、少年にとって広告が唯一の読み物だった。フローレスくんは活字が大好きなので、7月24日、ソルトレイクシティーの郊外にいる郵便配達人のロン・リンチさんに、もっとみんなが捨てそうな「迷惑郵便」を読ませてもらえないかお願いした。

リンチさんは、どうしてフローレスくんがこんな奇妙なお願いをするのか尋ねてみた。リンチさんは、その時のフローレスくんの返答を自身のFacebookに詳しく書いた。その投稿は、とても心温まるものだった。

「今日、フローレスくんのアパートに郵便物を届けていたら、彼が広告を読んでいるのを見かけました。その時、彼は私に、自分が読める余分な郵便物はないかと尋ねてきたんです」とリンチさんは書いた。「彼は『本が読みたいんです』と言ったので、『図書館に行ったらたくさん本があるよ』と言いました。でも彼は、『家に車はないし、バスに乗るお金もありません』と言いました」

リンチさんはFacebookの友達に、フローレスくんのために本を分けてもらえないかと尋ねた。

「彼と同じくらいの子供たちは、ほぼ電気製品を欲しがるのに! 彼の望みは素晴らしい、そして、私がお手伝い出来たら、彼はきっと微笑んでくれるはず!」

「彼は私を当てにしている」と、リンチさんは文章を結んだ。「だから、私はみなさんを当てにします!」

地元ニュースのKSLによると、リンチさんは、このFacebookの投稿で、5〜60冊くらいの本が集まるだろうと考えていた。しかし、リンチさんのお願いはネット上で拡散した。

「イギリス、オーストラリア、インドを含む世界中の人から本が送られました」とリンチさんは語った。彼はハフポストUS版に、これまで数百冊の本がフローレスくんの元に届いており、さらに数百冊届きそうだと話し、人々の気前の良さに驚いているという。

マシュー・フローレスくんと妹のジャスミンさん、そして届けられた本

「起きたことに呆然としています。そして、恐縮するばかりです」とリンチさんは話した。「少しは信用してもらえたのかなと」

リンチさんは本を送ってくれたり、寄付してくれたりした人全員にメッセージを送った。

「気にかけてくれたみなさんが、今回の出来事の本当のヒーローです。神のご加護がみなさんにありますように。そしてみなさん本当にありがとうございます!」

本が初めて届けられた時、フローレスくんは信じられないといった様子だったという。

「『この本は君のものだよ』と言ってくれたんです」とフローレスくんは26日、地元紙「ソルトレイクシティズ・デザートニュース」に答えた。「何かの間違いだと思っていました。でも、僕のために届けられたんだと」

フローレスくんは、他の子供たちと本をシェアするのが待ちきれないという。そして、どの本も必ず最後まで読むと

約束した。

本を送りたい場合は船便で下記の住所まで。

Mathew Flores

c/o Sandy Post Office

8850 S 700 E

Sandy, UT 84070

ハフポストで感動を呼んだ話

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています