ライフスタイル

今すぐに行ってみたい 猛暑を忘れさせてくれるアラスカの大自然(画像集)

2015年08月03日 20時09分 JST | 更新 2015年08月03日 20時11分 JST
Gillfoto/Flickr

アメリカの各地が摂氏30度以上の猛暑に見舞われるなか、天気予報によると、アラスカの8月の気温は15度から20度強で推移することが予想されている。

大自然に囲まれ、他の追随を許さないアラスカの野生を探索するには、今が最高の旅行シーズンだ。アラスカの国立公園は、5400万エーカー(約22万7000平方キロメートル)近くに及び、野生動物が手厚く保護されている。

猛暑で大変なときには、アラスカの写真でリフレッシュしてみてはいかが?

taku inlet

アラスカのタク入江とハリス氷河

arctic national park

北極圏の扉国立公園

bear

レイク・クラーク国立公園

eagle

アラスカ州ホーマー

denali national park

デナリ国立公園

kennicott

ケネコット社の銅鉱山跡

wrangellst

ランゲル・セントイライアス国立公園

noatak river

ノータック川

south shelter island

サウスシェルター島

delta wild

ナショナル・ワイルド&シーニック・リバー

elias national park

ランゲル・セントイライアス国立公園

cobble beach

キーナイ・フィヨルド国立公園コブルビーチ

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

【関連記事】

An Americana Travel Bucket List

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています