NEWS

高校野球の選手宣誓「8月6日の意味を深く胸に刻み」(全文)

2015年08月05日 23時13分 JST | 更新 2016年07月05日 22時32分 JST
時事通信社

第97回全国高校野球選手権が、8月6日に開幕した。2015年は、1915年に大会の前身となる「全国中等学校優勝野球大会」が始まってから100周年を迎える。この日の開会式では、第1回大会の優勝校・京都二中の流れをくむ鳥羽(京都)の梅谷成悟主将が、選手宣誓をした。宣誓全文は以下のとおり。

****

宣誓

1915年8月、第1回全国中等学校優勝野球大会が始まりました。それから100年間、高校野球は日本の歴史とともに歩んできました。

この100年、日本は激動と困難を乗り越えて、本日の平和を成し遂げました。このような節目の年に、聖地「甲子園」で野球ができることを誇りに思い、そして、支えていただいたすべての方々に感謝して、全力でプレーをします。

次の100年を担う者として、8月6日の意味を深く胸に刻み、甲子園で躍動することを誓います。

平成27年8月6日

選手代表

京都府立鳥羽高等学校

野球部主将 梅谷成悟

甲子園1980年代のスターたち

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています