ライフスタイル

テイラー・スウィフトの曲を、ハープ奏者がカバーしたらとっても素敵(動画)

2015年08月07日 19時29分 JST | 更新 2015年08月08日 21時55分 JST

ハープの歴史は、紀元前3500年の古代楽器にまで遡ります。

しかしエミリー・カーンは、アメリカ人歌手テイラー・スウィフトの「style」をハープにアレンジしました。ハープ奏者でありながら、カーンは、現代のシンガーソングライターです。

カーンは、信頼するハープ、オグデンとともに、人と楽器の型破りデュオ「エミリー&オグデン」を結成。一見、もの静かなデュオに見えますが、上の動画は、妙に心惹かれる力があります。

テイラー・スウィフトのキャッチーなヒット曲「style」が、カーンが歌うことでバラードに変わります。

ハープが誕生してから約5500年経ちますが、素晴らしい音色は決して流行遅れにならないのです。

ちなみに、テイラー・スウィフトの「style」はこちら。聴き比べてみましょう。

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

Taylor Swift

ハフポスト日本版ライフスタイルはTwitterでも情報発信しています