NEWS

清宮幸太郎、初安打で笑顔 早実1回戦突破、2回戦はいつ?【甲子園】

2015年08月07日 22時47分 JST | 更新 2015年08月07日 22時47分 JST

高校野球3日目・8月8日の第一試合は、早稲田実業(西東京)が今治西(愛媛)を6−0で下した。早実は夏通算40勝目

早実は1回に3点を先制すると、7回にも3点を追加した。注目の1年生スラッガー・清宮幸太郎は「3番・一塁」で先発出場。第1打席は一飛に倒れ、3回の第2打席は死球。3点リードの4回には、二、三塁の好機で第3打席を迎えたが、中飛に倒れた。

しかし、7回の第4打席では、初球、外のストレートを叩き、一、二塁間を鋭く抜けるライト前タイムリーを放つ。貴重な追加点を挙げ、3打数1安打1打点とした。

NHKによると、試合の後、清宮は7回のタイムリーなどについて「流れがあの一打で変わったのなら嬉しい。緊張はなかった。打席ではボール球を降っていたので、修正していきたい。観客席が満員で気持ちが良かった」などとコメントした。

早実は2回戦、13日の第1試合(午前8時〜)に広島新庄(広島)と戦う。

清宮幸太郎選手 画像集

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています