ライフスタイル

「子猫保育園」で猫の赤ちゃんを抱っこするボランティアをしてみませんか?(動画)

2015年08月08日 23時47分 JST | 更新 2015年08月11日 00時07分 JST

あなたの空いている時間を、猫の赤ちゃんを抱っこするボランティアとして過ごしてみませんか?

子猫を抱っこするのは“子猫保育園”で行われ――子猫保育園ですよ! そしてそれは、保護シェルターの子猫の命を助ける取り組みの一環だとすれば、さらに興味をそそられませんか?

「ベストフレンズ動物協会」は現在、2つの子猫保育園を運営していて、ひとつはロサンゼルス、もうひとつはソルトレイクシティーにあります。そこでは常時、身寄りのない子猫と、その子猫に授乳する母猫がケアされています。

スタッフとボランティアは、子猫に哺乳瓶でミルクを与えます。ここの子猫は、資金不足になりがちな地域の保護シェルターからやってきます。食事を作ったり、部屋は保育アイテムを掃除したりしながら、これらの小さな生きものが安全で健康に暮らすのに役立つ仕事をすべて担当しています。

またボランティアは、子猫のチビちゃんたちに愛情と優しさを与えることも仕事です。なぜなら、チビちゃんの抱っこは、子猫保育園の作業の中のとても重要な仕事のひとつでもあるからです。

ボランティアに撫でられたりキスされたりしてかまってもらうことで、猫の赤ちゃんは人に慣れていきます。それは将来的に、子猫が未来の飼い主と出会い、シェルターを出て家庭にもらわれていくことに役立つのです。

「こうして触れ合うことで、子猫は“一番可愛らしい状態”で、飼い主候補の人たちと出会うことができます。大変な仕事だけど、誰かはそれをしないとならないでしょう?」と、ベストフレンズ動物協会の広報、エリック・レイビッドは言います。

cat

そう、これはものすごく楽しい取り組みのように思えます。しかし現実的には、猫はアメリカの動物シェルターで最も安楽死が行われている動物で、小さな子猫はとくにその可能性が高いのです。

ベストフレンズ保育園の取り組みは約2年半前に始まり、これまでに約7500匹の子猫を受け入れました。7500匹です! 地域の保護シェルターはこういった手のかかる動物の赤ちゃんをちゃんとケアする資金が足りないため、ベストフレンズ保育園に送られてくるのです。

同園は2015年、さらに多くの子猫を受け入れる予定です。他のシェルターや保護団体が運営する子猫保育園も、全国数カ所で設立されています。ニューヨークやフェニックス、サンディエゴ、フロリダ州ジャクソンビルやテキサス州オースチンなどにあります。

「私たちの目的ははっきりしていました。子猫が死んでいるという事実があり、子猫が死んでいる理由のひとつは、財源不足でした」。ジャクソンビル愛護協会の常任理事デニス・ダイスラーは、シェルターペット財団マディーズファンドに語りました。「私たちには、ボランティアの助けが必要でした」

ですから、どんどん“子猫抱っこ”のボランティアをしましょう。カゴの掃除をしたり、ミルクをあげたりするのもいいでしょう。あなたの地域の子猫保育園が必要としていることをやってみてください。

それはすべて、子猫が乳児期を終え、本当にいるべきところ――子猫を愛する家に――もらわれていくために役立つことなのです。

もうひとつのよいポイント:多くの人に「自分は子猫保育園で働いているのよ」と言うことができます。子猫保育園ですよ! 本当に子猫保育園はいいことだらけです。

best friend

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

【関連記事】

この猫は、少年のことを愛している。本当に(動画)

cat

ヘンなところで眠る猫たち

ハフポスト日本版ライフスタイルはTwitterでも情報発信しています