NEWS

「+NDXOXCHWDRGHDXORVI+」中世の暗号、大英図書館が解読求む

2015年08月11日 00時06分 JST | 更新 2015年08月11日 00時09分 JST

大英図書館が、800年前の剣に刻まれた碑文の解読を求めている。同館の公式ブログが8月3日、写真付きで「この碑文の解読にご協力ください」と投稿した

sword2

この剣は大英博物館の所蔵物。1825年7月にイギリス国内で発見されたもので、13世紀に中世ドイツで作られたと見られている。刀身の両方に刃がついた「諸刃」のタイプ。全長は1.1メートルほどで、96センチの刀身に16センチの柄がついている。重さは約1.2キロ。充分な力でこの剣を振った場合、簡単に男性の頭を2つに切断することが可能だったと推定されている。

刀身には、金の文字で「+NDXOXCHWDRGHDXORVI+」と掘ってある。発見されてからすでに190年が経過しているが、まだ解読に成功していない。宗教的な祈りを込めたものではないかと推測されている。

sword3

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

関連記事

大英図書館 公開された画像の一部