ライフスタイル
2015年08月16日 18時09分 JST | 更新 2015年08月16日 18時10分 JST

「いつも一緒だよ」同じ日に生まれた赤ちゃんと子犬は、親友になった。(画像集)

赤ちゃんのディランとフレンチ・ブルドッグの子犬ファーレイは、どちらも2014年5月26日に生まれた。赤ちゃんのお母さんであるシカゴの写真家イヴェッテ・イヴェンスさんは、これに運命を感じてファーレイを家に連れて帰ることにした。「ディランと子犬は、あっという間に真の友情を築きました」と、イヴェンスさんはハフポストUS版に語った。

お母さんは、可愛いふたりの一瞬一瞬をカメラに収めた。

「犬のファーレイは、我慢強く子供と遊んでくれます。一緒に昼寝している間は、いびきをかかないようにするんです。本当に、愛に溢れた関係です。純粋で、無条件に、かけがえのない存在なんです」と、イヴェンスさんは2月にデイリー・メールに語った。「ディランは、(ファーレイのことを)同じ人間だと思ってると思うわ。彼らは同じペースで歩きます。今は何でも噛んでみたい時みたいです」

「彼らが成長するにつれて、その絆も深まっています」と、イヴェンスさんはメールで近況を教えてくれた。「ディランがもっと大きくなって、今よりいろんな事が理解できるようになったら、ディランが一緒にいてくれていることに感謝するでしょう」

  • Ivette Ivens
  • Ivette Ivens
  • Ivette Ivens
  • Ivette Ivens
  • Ivette Ivens
  • Ivette Ivens
  • Ivette Ivens
  • Ivette Ivens

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

【関連記事】

この猫は、少年のことを愛している。本当に(動画)

cat

この犬たちは処分される運命だった。しかし、一つの「絆」が全てを変えた

photo

ハフポスト日本版ライフスタイルはTwitterでも情報発信しています

2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png