ライフスタイル

シャロン・ストーン、本当のセクシーさを語る 57歳でヌードを披露

2015年08月16日 15時37分 JST | 更新 2015年08月16日 19時45分 JST

本当の“セクシーさ”とは何だろうか。それは肉体的な魅力だけではない。もっと多くの意味を持つものだ。

アメリカ人女優シャロン・ストーンさんは、ファッション誌「ハーパーズ・バザー」2015年9月号にヌードで登場した。ティファニーのジュエリーだけを身につけて――。掲載号のインタビューで、57歳になる彼女は「こういう撮影は、自分の肌だけで、十分に心地よいと感じたの」と語った。

「私のお尻は、大きなパンケーキみたいよ。でも“世界で最も美しい女性”であり続ける努力はしていないわ」

ストーンさんは、本当のセクシーさについて「(人生の)ある時、自問するようになったわ。『セクシーさって、本当は何なの?』って。それは、ただ自分の胸をただ引き上げることではない。それは今の自分らしくいること、楽しみを持つこと、そして一緒にいる人たちを好きでいられるように、自分自身を十分好きになることなのです」と話した。

「映画『氷の微笑』で私がヌードになったときに、セクシーとは自分自身であろうとすることだ、と思い込んでいたら……今はつらい日々を過ごしていたかもしれないわね」

sharon stone

sharon stone

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

Sharon Stone's Style Evolution

【関連記事】

ケイティ・ペリーの新境地 ファーコートを素肌で着こなす(画像集)

katy perry

セレブの美しきドレス姿 華やかなファッションの祭典

anne

ハフポスト日本版ライフスタイルはTwitterでも情報発信しています

2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png