NEWS

「IS(イスラム国)と一緒にされたくないから、ヒゲ剃るわ」トルコで理容院が繁盛

2015年08月17日 19時43分 JST | 更新 2015年08月17日 19時43分 JST
kosare/Flickr
Famous Turkish shave! To finish off after a thorough shave, the "Kuaför" (barber) sets a large cotton bud on fire and burns the small hairs in and around the ear.

アメリカ領事館などが襲われる被害が起きているトルコで、IS(イスラム国)の戦士に間違われたくないと、自慢のあごヒゲを剃り落とす男性が増えている。トルコのドーガン通信社が8月13日、西部マニサ県の理美容師協会の会長の話として報じた

トルコなど中東地域で男らしさの象徴とされており、2013年にはトルコのイスタンブールでは、ヒゲの増毛をする人が増えていると報じられた

イラク第2の都市モスルのISは、6月1日から男性のあごひげを義務化。イスラム教の預言者ムハンマドはひげそりを禁じていたと主張し、違反者は投獄すると決めた

しかし、ニュースに登場するISの戦闘員がヒゲを生やしていることもありトルコではヒゲが不人気に。「一緒にされたくない」とヒゲを剃る人が増え、理容師の仕事が増えていると、理容美容師協会の会長は話した

IS(イスラム国)

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています