Huffpost Japan

中国では大気汚染で毎日4400人が死んでいる(研究結果)

投稿日: 更新:
PHOTO
AP Photo
印刷

中国の人口約14億人の3分の1以上が、定期的に「健康を害する」大気で呼吸している。

新しい研究によると、中国では大気汚染で毎日約4400人が死んでいる。

カリフォルニアを拠点とする気候調査団体「バークレイ・アース」によると、中国では毎年約160万人死んでいると推定した。死因は地方の大気汚染による健康被害だ。

研究によれば、中国の人口のうち3分の1以上の人が、日常的にアメリカの基準で「健康を害する」と考えられる大気の環境で呼吸しているという。

「これは大きな数値です」と研究グループのリーダー、ロバート・ローデ氏はAP通信の取材に答えた。「ちょっと理解しがたい数字ですね」

研究では中国、台湾、韓国にまたがる1500の地上駅から採取した4カ月間のデータを分析した。研究内容は査読済みの専門誌「プロス ワン」に掲載される。

ニューヨーク・タイムズによると、細かい大気中の粉じんは特にさまざまな健康被害をもたらす。具体的な健康被害として喘息、肺がん、心臓病、脳卒中が挙げられる。世界保健機関(WHO)は2014年、年間700万人が大気汚染にさらされて死んでいると報告している。

中国では長年、大気汚染問題に苦しめられてきた。その大気汚染の主な原因は、車体燃料と同じように、工場や発電所で石炭が燃やされたことによる。

グリーンピースが4月に報告したデータによれば、2015年第1四半期で中国が定める環境大気質基準に達した都市は360都市、全国土の10%だけだった。

これまでの研究では、毎年中国で120万人から200万人が大気汚染が原因で死んでいると推定している。

Close
中国 大気汚染 画像集
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

【関連記事】
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png

他のサイトの関連記事

【日本の議論】中国「大気汚染対策」奏功か 北京五輪以降PM2.5「注意 ...

中国、大気汚染禍で1日4千人死亡 発電用の石炭排出が元凶 米国では ...

中国の大気汚染と外務省の取組 - Ministry of Foreign Affairs of Japan

【中国・天津倉庫爆発】汚染物質、日本到達の可能性も 研究チームが画像分析

米加州の環境対策、効果薄れる-中国の大気汚染が拡散

中国、景気減速で大気汚染薄れる 過剰生産能力を削減