ライフスタイル

「世界で最も住みやすい都市」5年連続1位になったのは...(ランキング)

2015年08月21日 18時56分 JST
Scott E Barbour via Getty Images
Australia, Victoria, Melbourne, Federation Square.

エコノミスト誌の調査部門「インテリジェント・ユニット」が発表した世界で最も住みやすい都市にオーストラリアのメルボルンが5年連続で選ばれた。

年に一度発表されるこのレポートは、軽犯罪の発生率や医療の質、食べ物など30以上の基準で世界中の140の都市をランク付けする。

世界で最もコーヒーが美味しい都市」にも選ばれたこともあるメルボルンは、インテリジェント・ユニットの評価基準100点満点中97.5点を獲得して1位となった。

インテリジェント・ユニットによれば、「最も住みやすい都市」に選ばれやすいのは、経済的に豊かな国にあって人口密度が低い、中規模都市だという。そういった都市の多くは、娯楽施設が豊富で、犯罪が少なく、インフラが発達しているからだ。メルボルンはこのすべての条件を満たしている。

一方で大都市は人口集中やインフラの疲弊、犯罪の多発などが原因で順位が低い傾向にある。

東京は15位、パリは29位、ロンドンは53位、ニューヨークは55位だった。

2015年の「世界で最も住みやすい都市」、「世界で最も住みにくい都市」それぞれのトップ5は以下の通りだ。

世界で最も住みやすい都市/住みにくい都市 2015

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

[日本語版:水書健司/ガリレオ]

死ぬまでに絶対に行きたい、世界の50都市

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています