ライフスタイル

テイラー・スウィフト本人も感激、自閉症の男の子がピアノメドレー(動画)

2015年08月23日 00時09分 JST | 更新 2015年08月23日 00時20分 JST

素晴らしいピアノ演奏によって、アメリカ人歌手のテイラー・スウィフトの目を奪ったファンがまたひとり誕生した。

7歳のジェイコブ・ベラスケス君は、テイラー・スウィフトの曲「Shake It Off」に感動して、アルバム「1989」のピアノメドレーを演奏した動画をYouTubeに公開した。ライフスタイルのサイト「Autism Speaks」で、母親のティナ・ベラスケスさんは「息子が自閉症と診断されたのは、4歳のときで、すでにテイラー・スウィフトの大ファンだったわ」と語っている。

「ジェイコブと一緒にピアノの前に座って、スウィフトさんの最新アルバムの曲を大きな声で歌っているわ」とティナさんはいう。「楽譜の見方も習ったことないのに、ジェイコブはその曲を演奏するんです」

この小さなピアニストのメドレーは「Bad Blood」に始まり、「I Wish You Would」「Blank Space」に進んでいく。スウィフトのために、可愛いイントロも付け加えて。

「僕は、彼女の大ファンなんだ。いつか、これにサインしてくれるとうれしいな」。そういって、アルバム「1989」デラックス版を差し出した。「一緒に演奏して、僕が何か作ったり、こんなふうにちょっと何かできればいいね」

なんとジェイコブ君の演奏は、スウィフトの目に留まり、Twitterを通じて「なんて素敵なピアノメドレーなの!」と賞賛し、コンサートに招待したのだ。ジェイコブ君は驚いて、すぐに返信した。

@JacobsPiano あなたが演奏したピアノメドレー、なんて素敵なの! あなたにハグしなくちゃ。私のツアーに来て「やあ」って話かけて。招待するわ。

ありがとう、Autism Speaks! テイラーに会えるなんて待ちきれないや。 #今日は最高の一日❤️

ヤコブ君は、きっと大切なアルバムにサインしてもらえるだろう。スウィフトと会うなら……2人のセッションも見てみたいものだ。

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

Taylor Swift

【関連記事】

ハフポスト日本版ライフスタイルはTwitterでも情報発信しています