NEWS

【ニュースで学ぶ英語】2つの大型台風が接近 東アジアを脅かす

2015年08月23日 15時07分 JST | 更新 2015年08月23日 23時22分 JST
Earth.nullschool.net

ハフポストの英文記事から、最新の時事英語や知って得するキーフレーズをピックアップしてご紹介します。

執筆者:丸橋 勇

2つの大型台風の発生で、2015年から運用が開始された気象衛星「ひまわり8号」の映像の美しさが注目されるという状況が起きています。ハフポストUS版もその2つの台風についての記事を掲載しているので、そこから気象で使われるいくつかの用語を拾ってみました。

typhoon

【例文】


Twin Typhoons Intensify In The Pacific, Threaten East Asia

[以下抜粋]

Stunning images and video show the twin typhoons, Goni and Atsani, as they spin over the Pacific Ocean this week. The two typhoons are said to be intensifying as they move closer to Taiwan and Japan, respectively.

According to Weather.com, Atsani has become a super typhoon. Goni may soon follow suit.

If that happens, it'll be the first time since 1997 that two super typhoons have formed in the Pacific, the Washington Post reports.

According to the U.S. military's Joint Typhoon Warning Center, Typhoon Goni is projected to come very close to Taiwan on Sunday, potentially dumping torrential rains on the island nation.

Taiwan is still reeling from the impact of the deadly Super Typhoon Soudelor, which made landfall in the country earlier this month.

Goni may also impact the northern Philippines, Japan’s Ryukyu Islands, and the Korean Peninsula.

The path of Typhoon Atsani is less clear. According to Weather.com, the typhoon may pose a threat to mainland Japan early next week.

<中略>

Japan's Himawari-8 satellite has also captured images of the twin typhoons.

【今週のポイント】


super typhoon

一般的に「超大型台風」と訳されているようですが、気象庁の定義では、「超大型台風」は「大きさの階級分け」であって、風速とは関係がありません。逆に、National Oceanic and Atmospheric Administration (通称NOAA、アメリカ海洋大気庁)によると、super typhoonとは、アメリカ軍のJoint Typhoon Warning Center (合同台風警報センター。略はJTWC)が使用する用語で、地上の風速が秒速65メートルを1分間以上保つ台風であって、大きさとは関係ありません。したがって、気象庁の定義では、「猛烈な」台風が最大風速が毎秒54メートル以上となっていることから、英語のsuper typhoonは「超大型台風」と訳すより、「超猛烈な台風」と訳したほうが正解かもしれません。

【その他のキーフレーズ】

intensifying

「勢力を増す」の意味。becoming strongerやbecoming more powerfulの同義語なので、同じように使うことが可能です。

follow suit

「後に続く」の意味。トランプのContract bridge等で、可能であれば前に出たトランプと同じ柄のトランプを出さなければならないことに由来する語句です。このsuitは、トランプの柄(クラブ、ハート、ダイヤ、スペード)のことなので、直訳は「前の柄に続く」になります。

dumping torrential rains

torrential rainsだけで「集中豪雨」の意味なので、この場合のdumpingは、causing等の代わりをしているだけではなく、dumpの本来の意味の「ドサッと落ちる」や「放出する」からtorrential rainsのすごさをさらに強調しています。

reeling from

「〜に動揺する」の意味。

made landfall

「上陸した」の意味。

pose a threat

「脅威を与える」の意味。

【今回の例文の仮訳】

太平洋で2つの台風が勢力を増強 東アジアを脅かす

今週、驚くほど美しい画像やビデオが太平洋上で移動中の2つの台風「ゴニ」(台風15号)と「アトサニ」(台風16号) を映し出している。この2つの台風は、台湾や日本に近づくにつれて勢力を増していると言われている。

Weather.comによると、アトサニはすでに「スーパー台風」になっている。また、ゴニも「スーパー台風」になるかもしれない。

そうなると、太平洋上に2つの「スーパー台風」が同時に発生するのは、1997年以来初めてのことになると、ワシントンポスト紙が報じている。

アメリカ軍の合同台風警報センターによると、台風ゴニは8月23日に台湾に接近すると予測しており、集中豪雨が降る恐れがあると言う。

台湾は既に8月初めに上陸して死者を出した「スーパー台風」のソウデロア(台風13号)の衝撃に動揺しているところである。

さらに台風ゴニは、北フィリピンや日本の琉球列島や朝鮮半島にも影響を及ぼすかもしれない。

台風アトサニの進路はまだはっきりしていない。Weather.comによると、来週の初めに日本本土を脅かすかもしれない。

<中略>

日本の人工衛星「ひまわり8号」も2つの台風の画像を撮影している。


【ニュースで学ぶ英語・バックナンバー】

《全てのバックナンバーを見る》


執筆者
丸橋 勇(フリー通訳・翻訳業)
同時通訳者だった父親の関係で幼児期から10年間米国滞在。慶応義塾大学文学部。外資系企業等の勤務を経て、26歳で独立し以来約30年間フリーの通訳・翻訳家として活躍。主な業務内容は、ビジネス系・技術系・学術系通訳及びドキュメントの翻訳。

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています