NEWS

堀北真希、戸田恵梨香、新垣結衣。88年生まれ3女優、競い合って輝く

2015年08月23日 14時25分 JST | 更新 2015年08月23日 14時33分 JST

oricon style

競い合って輝く88年生まれ3女優、30代へ向けての今後

8月16日放送の戦後70年ドラマスペシャル『妻と飛んだ特攻兵』(テレビ朝日系)に主演した堀北真希。特攻隊員の夫が操縦する戦闘機に乗り、ともに散った妻を演じた。太平洋戦争末期の実話をもとにしているが、堀北自身は実質的に昭和最後の年だった1988年(昭和63年)生まれ。同い年には新垣結衣と戸田恵梨香がいる。新人時代から競い合う形だった3人は今、いずれも主演作が続く人気女優に成長したが、30代へ向けて今後彼女たちはどんな展開をしていくのだろうか。

◆オーディションでかち合うこともあったライバル同士

東京出身の堀北は中学生のときにスカウトされて芸能界へ。同じ頃に沖縄の中学生だった新垣はジュニアファッション誌『二コラ』(新潮社)のモデルとして女子小学生から人気を得ていた。兵庫出身の戸田も関西の芸能プロダクションに所属し、タレント活動をしている。堀北と新垣も中学卒業後に上京し、本格的に女優活動を始めた3人はほぼ同時期。それぞれ17歳の頃には相次いでドラマ、映画に出演するようになった。

堀北は2005年にドラマ『野ブタ。をプロデュース』(日本テレビ系)や映画『ALWAYS 三丁目の夕日』に出演、2007年にはドラマ『花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~』(フジテレビ系)で男装して主演。新垣は2006年のドラマ『マイ☆ボス マイ☆ヒーロー』(日本テレビ系)で女子生徒のトップ、2007年にはドラマ『パパとムスメの7日間』(TBS系)と映画『恋空』で主演。戸田は2006年のドラマ『ギャルサー』(日本テレビ系)や映画『デスノート』出演を経て、2007年のドラマ『LIAR GAME』(フジテレビ系)で初主演を果たす。堀北はサントリー『なっちゃん』(4代目)、新垣は江崎グリコ『ポッキー』などCMでも注目され、戸田は若手女性タレントの登龍門と言われていたビクター『甲子園ポスター』のモデルに選ばれている。

10代の頃には映画やCMオーディションの最終候補に、よくこの3人の誰かが残り、かち合うこともあったという。『野ブタ。をプロデュース』では堀北と戸田、『ギャルサー』や『コードブルー-ドクターヘリ緊急救命-』(フジテレビ系)では戸田と新垣が共演している。その各ドラマでは微妙に番手の上下があった。

◆古き良き時代の名女優を思わす佇まいも漂う

だが今、この3人のうちの誰かが共演したら、ニュースになるだろう。それぞれがひとりで主役を張る存在になっているから。もともとビジュアルが完璧だった堀北は、NHK朝ドラ『梅ちゃん先生』に主演して全世代的な知名度を高め、CM出演も今年上半期で7社と多い。正統派美人女優としてポジションを確立した。ジュニアモデル時代から女性ファンの多い新垣は独特の透明感が変わらず、『リーガル・ハイ』(フジテレビ系)での堺雅人とのコンビも評判を呼んだ。10月からはベストセラー作家・西尾維新作品の初実写化となる『掟上今日子の備忘録』(日本テレビ系)で2年半ぶりに連ドラに主演する。戸田は『デスノート』の弥海砂やドラマ『SPEC』の当麻紗綾などキャラクター的な役で印象を残したが、リアル系にスライド。今年公開の『駆込み女と駆出し男』や放送中のドラマ『リスクの神様』(フジテレビ系)では苦味のある大人の女性を演じて、演技力の評価が高い。

今年で27歳となる3人。女優としてますます脂が乗ってくるところだが、もはや主演して当たり前。逆に言えば、主役やメインキャスト以外ではキャスティングしにくいポジションになった。さらに、最近はTBSの月曜20時枠や木曜21時枠、フジテレビの火曜21時枠などドラマ自体が減った。ハードルが高まった状況のなか、3人が芸能史に名を残す女優になれるか、真の勝負はここからかもしれない。大人の女優としての誰もが知る代表作も欲しいところ。

三者三様の輝きはありつつ、昭和最後の生まれだけに……とはこじつけが過ぎるが、どこか古き良き時代の名女優を思わす佇まいも漂ってきた3人。ドラマや映画の黄金期を呼び起こしてくれることに期待したい。

【関連記事】

NHK朝ドラ(連続テレビ小説)のヒロインたち