NEWS

セリーヌ・ディオン、末期がんの夫に「あなたは私の腕の中で死ぬのよ」

2015年08月27日 01時48分 JST | 更新 2015年08月27日 01時48分 JST
John Shearer/Invision/AP
Celine Dion poses backstage at the Billboard Music Awards at the MGM Grand Garden Arena on Sunday, May 19, 2013 in Las Vegas. (Photo by John Shearer/Invision/AP)

歌手のセリーヌ・ディオン(47)は、喉頭がんで闘病中の夫ルネ・アンジェリールの世話をするため、ラスベガスを離れ、活動休止していた。

現在、彼女はラスベガスのシーザーズ・パレスで行われるーショーに復帰する準備をしている。夫の健康状態は悪化しているが、それでもステージに戻る決断を下した理由を8月23日、USAトゥデイに打ち明けた。

「最初はここにいたくありませんでした。私には必要のないことです。誤解しないでほしいのですが、私はみなさんのために歌うことを心から愛しています。しかし私には優先順位があるのです」とディオンは言った。「しかし、私の一番やらなければいけないのは、夫にこう言うことなんです。『私たちは大丈夫。私が子供たちの面倒見るから、あなたは別の場所から私たちを見守っていて』」。

73歳のアンジェリールは1980年、ディオンが12歳の時に彼女のマネージャーとなった。1994年、ディオンが26歳の時、2人は結婚した。

「私たちは医師に何度も尋ねました、彼の命はあとどれぐらいなんですか? 3週間ですか、3カ月ですか? ルネは知りたがっています」とディオンは語った。「しかし医師たちは、分からないと言うんです」

ディオンは3月にABCの朝の報道番組「グッド・モーニング・アメリカ」で、夫の健康状態について、がんが進行して話すことや飲み込むことができなくなったと語っている。

「彼は食べることができないので、私が食べさせています」。ディオンは涙を拭いながら言った。「彼は食事用チューブを着けています。私は1日3回彼に食事を与えなければいけません」

ディオンとアンジェリールとの間には3人の息子がいる。ディオンはアンジェリールを「今までの人生でたった1人のボーイフレンド」と呼ぶ。そして、夫はすでに死を覚悟し、葬儀の詳細を計画しているとUSAトゥデイに話した。

「私は夫に言うんです。『怖い? 分かるわ。それを私に話して』、って」と、彼女は間をおきながら語った。

「そしてルネは私に言いました。『君の腕の中で死にたい』と。わかった、大丈夫、そばにいるわ。あなたは私の腕の中で死ぬのよ」

Celine Dion's Style Evolution (PHOTOS)

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png