Huffpost Japan

福島第一原発付近でモミの木の生育異常が増加、98%の場所も

投稿日: 更新:
印刷

福島第一原発事故による福島県の帰還困難区域内で、モミの木の生育異常が増加していることが、環境省の調査でわかった。放射線医学総合研究所(放医研)が8月28日に発表した。

正常なモミの木は、まっすぐ幹が伸びているのに対し、放射線量(空間線量率)が特に高い地域のモミの木は、幹の先端の「主幹」と呼ばれる芽がないものが多かったという。最も空間線量が高い地域では、98%に異常が見つかった。

japanese fir trees around the fukushima daiichi nu
モミの形態変化:矢印は、主幹の欠損位置を示す。 A:正常、B:変化(側枝が垂直に立ち上る)、C:変化(側枝が水平に拡がる)

調査は2015年1月に行われ、福島第一原発に近い福島県の3カ所と、放射線の影響が少ないとみられる茨城県の1カ所で、モミの木を比べた。

default

NHKニュースによると、具体的に異常が見つかった割合は、原発から3.5キロ・放射線量が毎時約34マイクロシーベルトの場所(S1)で98%、原発から8.5キロ・毎時約20マイクロシーベルトの場所(S2)で44%、原発から15キロ・毎時約7マイクロシーベルトの場所(S3)では27%だった。一方で、原発から75キロ離れた0.13マイクロシーベルトの場所では5.8%にとどまった

放医研は、明確な因果関係は分からないとしながらも、原発事故で放出された放射性物質が影響している可能性があると説明している。チェルノブイリ事故の事例などでマツなどの針葉樹は放射線の影響を受けやすいとされるが、動物による食害や病気、冷害などによる変化の可能性もあるという。

なお、環境省は44種の動植物を調べているが、ほかに目立った変化は確認されていない。

【関連記事】放射線を巡る情報、押さえておくべきポイントは? 東大医師招き勉強会

Close
南相馬市小高区 震災直後〜2015年(画像集)
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド
あわせて読みたい
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

訂正箇所を連絡

他のサイトの関連記事

福島第一原発周辺のモミに異常 NHKニュース - NHKオンライン

モミの木:福島で生育異常が増加…線量高い場所ほど多発 - 毎日新聞

「帰還困難区域のモミの木に変化、環境省が調査」 News i - TBSの動画 ...

福島県のモミの木に異常 放射線の影響か - テレ朝News - テレビ朝日

47NEWS > 共同ニュース > モミの木、生育異常 大熊、浪江の帰還困難区域で増加

モミの木に異常が多発